巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

夫婦げんかも古傷も頭痛も、梅雨の季節のせい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「どよ〜ん」としませんか。

頭痛、肩こり、だるい、古傷が痛む、憂うつな気分……などなど。梅雨どきには、これらの不快症状を訴える人が多い。

「台風が来る前や、前線の通過などのときに体調を崩す人がいますが、このように気象の変化によって病状が悪化したりする病気をさして『気象病』と呼びます。気圧や湿度などの変化が起こることで、様々な不快症状につながるんです」
と言うのは、都内の内科医。

気象情報のサイトなどでは、近年、「気象病」について解説しているところも多く、この季節には「夫婦げんかが増える」などとも言われているのだとか。

はっきりしない不快症状が多いだけに、「気のせい?」とも思いがちだが、実はかなり敏感に察知する人が多いという。
「この時期、いろんな病院をまわっても診断がつかず、症状が改善しないというお客さんが、整体に来ることが多いんですよ」

渋谷区の整体店「シエスタ」店長で整体師の海野真紀さんも言う。
「『古傷が痛むから明日は雨が降りそう』などと、天気予報よりよく当たるお客さんがいます。飛行機に乗ったときなど、気圧の影響で体がむくむことが多いですが、実は高い場所に行かなくても天気による気圧の変化を体は敏感に感じとるものなんですよ」
体が膨張し、高山病などに近い症状になるのだそうだが、なぜかというと……。
「気圧が低くなると、痛みを感じさせる『ヒスタミン』という物質が体から分泌されるということがわかってきています。これが古傷などの痛みにつながるようで、『天気痛』と呼ばれているんですよ」
また、湿度が高いと体調を崩しがちで、梅雨には「湿度」と「気圧」の両方の要素があるため、様々な症状が起こるのだとか。ちなみに、「気圧が低くなる冬に、傷の痛みなどが少ないのは、湿度が低いから」
と海野さんは説明する。

ところで、そもそも「古傷」っていつできた傷のことを言うんだろうか。
『広辞苑 第四版』によると、「年を経たきず。ふるくなったきず」などとあるのみで、その定義は書かれていないけど……。
「古傷の定義は、特にありません。子どもの頃の骨折などを呼ぶ人もいれば、3カ月前の傷でもそう呼ぶ人もいます。個人差がありますし……。ただし、基本的には、季節の変わり目に痛みが出るもので、日常生活で支障のない傷が『古傷』。日常生活で支障がある場合は、普通の傷ですから」(同)

ではなぜ、かつては平気だった傷が10年ぐらいの時を経て痛み始めるのか。
「おそらく長年ケガした部分をカバーして歩いたりすることで、筋肉のつきかたに偏りが出たり、体のゆがみにつながるからでは?」

対処法は……。
「まず不調の原因が天気であると知ること。知っておくだけで、少し気持ちが楽になります。また、ゆっくりお風呂に入って体をあたためることも良いと思います」

まだまだ続く梅雨。不調がある方は、どうぞご参考に。
(田幸和歌子)
関連キーワード

2008年6月22日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品