巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

子どもと携帯のフキゲンな出会い

このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもにとっても、ついついいじりたくなっちゃう、魅力があるのかもしれません。

子どもの携帯代が月ウン万円!
そんな衝撃が、子どもと携帯との出会いだと思う人は多いかもしれない。

だが、実は、まだそれと意識しない乳幼児期に様々なトラブルが存在するのだと、子を持つ多くの人は言う。
「子どもが携帯でイタズラして、あちこちに電話かけまくって参った」
などと話す母は多い。これ、意図的にイタズラしたのではなく、オモチャとして遊んでいるうちに、勝手に電話してしまうというのが、真相だ。

「いろいろボタンを押すうち、勝手にアドレス帳から呼び出しちゃってるようで、あ、か、さ、た、な、などのあ段で始まる名前の人にばかりかけがち」
「よりによって、もう長年連絡もとってない人にかけちゃってたようで、後で履歴を見て青ざめた」
などという母たちもいる。

一方、かけられた側も最初は戸惑うものの、
「あんたからの着信で、フーッフーッて鼻息だけ聞こえたけど、子どもがかけてるんだろうと思った」「バ~とか聞こえたから、きっと子どものイタズラだよね?」などと、そのうち気にも留めなくななるもの。

なかには、遊んでいるうち、口につっこむ(危険なのでマネしないでください)、水没させるという不届き者(?)の赤ちゃんもけっこういて、
「充電部分がイカレて買い替えになった」という母、「水没させられてケータイがこわれてから、しばらく買わずにいたら、必要なくなった。ケータイがない生活も、しばられなくて案外良いもの」と、なぜか不幸な出来事によって、ライフスタイルまで変わってしまった幸せな? 母もいた。
関連キーワード

2008年8月25日 10時00分

注目の商品