巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

あなたの町の図書館はどれくらいイケてる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

図書館、それはハイソな気分になれる場所

去年、筆者の故郷に図書館ができた。公園の跡地をつかって建てられたものだ。また税金を無駄づかいして……と皮肉ってみたものの、入ってみたら結構いい感じで、本も充実していた。何よりも、図書館に足を踏み入れた瞬間に感じる、あの独特の匂いと静けさは、何物にもかえがたい。

ところで、そんな図書館の中から、毎年イケてる図書館を選定する「ライブラリー・オブ・ザ・イヤー」というものがあることをご存知だろうか。去年の11月に発表されたライブラリー・オブ・ザ・イヤー2008(NPO知的資源イニシアティブ主催)には、東京都の千代田区立千代田図書館が選ばれたのだが、いったいどんな基準で選んでいるのだろうか? 選考に関わった、国会図書館の柳さんにお話を聞いてみた。

「公共図書館には以前から、『無料貸本屋批判』というのがありました。図書館で、無料で本を貸し出すことは、市民にとっては非常に良いことであるものの、その本を販売している一般書店にとっては活動を邪魔されているだけと思われるふしがあったんです」と柳さん。そもそもこのような批判があったのは、いま世の中で売れている書籍を中心に取り寄せ、それを貸し出す図書館が多かったところにあったという。

「そこで、単にいま売れている本を貸すだけでなく、図書館には、図書館にしかできないことがあるのではと思い、これからの図書館のあり方を示すような、先進的な試みを行う図書館に対して、2006年からNPOで賞の授与を始めました」(柳氏)

つまり、ライブラリー・オブ・ザ・イヤーは、全国の図書館すべてを対象に、一定の基準で評価し、「ベスト」な図書館と選ぶ、といったものではない。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2009年1月18日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品