巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

世界にあるおどろきのおもちゃたち

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルダック社製「人体パズル」

子どもの創造力ははかりしれない。全く予想だにしない言葉を口にしたり、じゃれているつもりが本気で殴ったりしてくる。しかし大人も負けてはいない。創造力豊かな子ども向けのおもちゃは、もしかしたら子どもよりも創造力にあふれている。今日は、世界の様々な国で親しまれている、子ども向けのおもちゃを紹介したい。

まず1つ目は、ドイツの木製玩具メーカー、ベルダック社の「人体パズル」。これは、男の子(または女の子)の形をしたパズルである。これだけだったら普通なのだが、このパズル、5層構造になっており、それぞれ、「洋服」「裸」「筋肉」「内蔵」「骨」が描かれている。例えば、男の子の上半身のピースを外すと、その下に胸やお腹の筋肉の構造があらわれ、それをさらに外すと、心臓や胃腸などの内蔵をみることができる。絵は非常にリアルに描かれており、歴史的に医学研究が盛んなドイツならではのパズルである。ちなみに、このパズルの姉妹版として、お腹に赤ちゃんのいるお母さんをモチーフにした「マザーバージョン」も存在する。

次に紹介したいのが、金属探知機。……そう、あの、空港などで見かける、ハンディ式の金属探知機が、子ども向けのおもちゃとして販売されている。エデュトーイという、デンマークのメーカーが作っており、定価は3990円と結構リーズナブル。これを持っていれば、友達と宝探しの冒険ごっこができるだけでなく、学校で行われる近所の空き缶回収活動でも活躍できること間違いなし。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2009年2月26日 10時00分

注目の商品