巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「無洗米」についてあらためて聞いてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

全国無洗米協会の認証マーク「エコメちゃん」。

一昔前に比べるとずいぶんポピュラーになった無洗米。ここ数年、千葉県などの自治体、ほっかほっか亭、CoCo壱番館などの外食産業、ファミリーマート、パナソニックやシオノギ製薬といった多くの企業で普通米から無洗米への切り替えが行われている。環境問題が叫ばれている昨今、改めて無洗米が注目を浴びているのだ。でも、無洗米がなぜ環境にいいのか、よくわからないという人も多いだろう。そこで無洗米について調べてみた。

全国無洗米協会によると、普通米から協会認証の無洗米にかえると、普通米と無洗米を比べた場合、ご飯茶わん1杯(お米75g)で約1.4gのCO2が削減できるのだそう。精白米のとぎ汁を下水処理するエネルギーより、無洗米に加工するエネルギーの方が少なくてすむためだ。ただし、このように環境効果がはっきりわかっているのは、今のところ無洗米協会認証の無洗米だけ。無洗米は製造方法がいろいろあって、製造方法により品質や環境効果が違うのだ。

さらに、協会認証の無洗米の場合、米についている肌ヌカを工場で一括して取り除いているために、水質汚染の原因にもなっているとぎ汁が出ない。工場でとれた肌ヌカは捨てることなく、有機質肥料として利用されているらしい。

実はとぎ汁の中には環境を汚染する窒素やリンといった物質が多く含まれていて、これらが海や川、湖などに流れ出てしまうとヘドロになってしまう。もちろん、家庭から出るとぎ汁は、下水処理施設で処理されるが、これら窒素やリンの一部は処理しきれずに海や川に流れ込んでしまっているのだとか。
関連キーワード

ライター情報: S.I/C-side

制作会社にて編集・ライティングを担当。カピバラを飼うのが夢。好物=南の島、競馬、絶滅危惧種

2009年6月8日 10時00分

注目の商品