巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

パソコンをペンタブ化してお絵かきしたら?

ライター情報:羽石竜示

パソコンを簡単にペンタブレットにしてしまうアイテム『DUO for laptop』。

( 1 / 3 )

「やっぱり絵はペンで描きたい」というあなたへ。
パソコンで絵を描くために、以前「ペンのような使用感のマウスでお絵かきしたら?」で高精度マウスを紹介したものの、ペンで描くほうがしっくりくるというニーズも無視できないと思った。
そこで、今回はふつうのパソコンを簡単にペンタブレットにしてしまうアイテムがあるというので、それを使ってお絵かきしてみた。

使用するアイテムは『DUO for laptop』(発売元・サンコー)。OSがウインドウズXP(SP2)以上で、15.4インチ以下の液晶モニターのパソコンに対応する(非対応モデルもあるので、同社サイトで確認のこと)。名前の通り、ノートPCに最適であろう。

使い方はまず、レシーバーをモニターに取り付ける。マグネット式なので着脱は簡単だ。つぎにレシーバーのUSB端子をパソコンにつなぐ。あとは、付属のソフトをインストールしてパソコン側の準備はオッケー。電子ペンのほうは電池を入れた後、付属ソフト「PENonPC」でペンの調整を行えば完了だ。

お絵かきソフトは付属しているが、筆者は使い慣れた「フォトショップ」で挑戦した。実は、ペンタブレット自体ほとんど使ったことがないので自信がなかったが、だんだん慣れてきて、スラスラと描けるようになった。

描いていると、学校の美術の時間、間違え過ぎて画用紙がボロボロになってしまったことを思い出した。でも今はデジタルの時代だからそんな心配はいらない。いくらでも元に戻れるわけなので安心して間違えられる。便利ですね~。
出来栄えは見ての通りです。シュールな感じ(ただの落書き? それともアート?)になりました。

さらに、画面にペンをタッチして描くだけでなく、ペン先をボールペン芯に換え、レシーバーをA4用紙に挟むと紙の上に描いた絵がパソコンの画面に反映できる。紙をペンタブ化するわけだ。

「原稿を書いて、写真を撮って、絵を描いて、なんだか忙しいなぁ」とボヤキつつも、「また絵を描きたい」と思ってしまうのでした。これって創作本能?
(羽石竜示)
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。
好物=カント、ニーチェ、回転寿司、アイスコーヒー。
ブログ:羽石竜示のブログ

2009年8月8日 00時00分

注目の商品