巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

日の丸を背負うホームレス、日本代表「野武士ジャパン」を応援!

ライター情報:うつぎ

ホームレスワールドカップを目指して、それぞれに熱い想いを抱く選手たち。

今年で第7回目となる「ホームレス・サッカーワールドカップ」は、その名の通り、ホームレスのみが選手として参加できるサッカーの世界大会。仲間と共に高い目標に向かって努力し成し遂げるというプロセスから、前向きな姿勢を生み、厳しい状況から抜け出す力を育むのが目的だ。
9月5日~13日に開催予定のミラノ大会には、世界48カ国が参加を表明した。そこで、日本代表「野武士ジャパン」の選手選考会を取材し、ワールドカップに向けた選手たちの意気込みを伺ってきた。

7月25日、トヨタ府中スポーツセンターで行われた代表選手選考会には、野武士ジャパン東京・大阪チームはもちろん、一般参加10チームが集結。ボランティアやスタッフを含め集まった人数は108名にのぼり、太陽が照りつけるグラウンドは十分過ぎるほどの活気で満ちていた。

野武士ジャパンの選手は東京5名・大阪7名の計12名。代表選手になれるのは、東京・大阪合わせて8名だ。参加選手が思い思いにウォーミングアップするなか、野武士ジャパンの選手たちからはチャンスを目の前にした高揚感や緊張感が伝わってきた。そんななか、試合前に東京チームの2名にお話を伺えた。

ホームレス生活1カ月ほどのヒデさんは、フットサルの経験者。
「野武士ジャパンの活動は、気分転換に始めました。若い頃に感じた気持ちの高ぶりや、ほどよい緊張感を味わえ、仲間や目標ができるのがやりがいです」
そう笑顔で語ってくれた。
関連キーワード

ライター情報: うつぎ

制作会社のコピーライター兼フリーライター。常に思い出し笑い+ほろ酔いで、ハッピーな性格。趣味は物語を書くこと。

2009年8月20日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品