巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

“インフルエンザ対策スーツ”の仕組みは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザ対策に『ウイルスクリーンスーツ』。

今年は、外でマスクを着用している人をよく見る。はじめは「大変だなー」と他人事のように見ていたが、いつの間にか自分も「ゴホゴホ!」と咳き込みが止まらない。私も今季はマスクを購入しました。風邪は移したくないし、移されたくもない。

そんな時、ある意味“今年らしい”商品を発見した。それは、紳士服の販売を行う「はるやま商事株式会社」が開発した『ウイルスクリーンスーツ』のこと。
このスーツ、発売時に話題になったのでご存知の方もいるかと思うが、付着した菌を不活性化させる“インフルエンザ対策スーツ”としての側面を持っている。

これは、咳き込んでいる自分には必要かもしれない。早速、スーツに施したインフルエンザ対策ついて、同社にお伺いしてみた。要するに、原理はこうだ。
この『ウイルスクリーンスーツ』には、光触媒加工「ガイアクリーン」が使用されている。太陽光線や電灯の光には紫外線が含まれており、ガイアクリーンが紫外線に当たると化学反応が起こる。そして、ウイルス・細菌・汚れを分解する。日常の光に当たることにより、ウイルスなどを不活性化させるというのだ。
たとえば、道路にあるカーブミラー。あれは誰も掃除はしていないのだが、いつもキレイ。実は、あの鏡にも光触媒加工が施されている。通常はプラスチックなどの硬い物や、工場の作業服などに使われていた加工なのだが、それを同社はウールに使用。今回の商品化に至った。

このスーツ、実は1年前から開発が進められていたのだが、元々は花粉や汚れ対策を目的に研究されていた。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2009年10月22日 10時00分

注目の商品