巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ふわふわ触感」に夢中の人たち

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージもリアルなんです。

ふわふわ手触りのタオルや毛布、パン・ケーキ、肉球……。「ふわふわのモノを見ると、どうしても触らずにいられない」「揉みたくて仕方ない」という人たちは多い。

そんな人たちの「ふわふわ触りたい熱」を刺激する一つのジャンルに、近年、「パンそっくり」「ケーキそっくり」などのオモチャがある。

「ポイントは、見た目と、さわり心地と、ニオイ。ふわふわのモノを見つけると、必ず触ってニオイを嗅いでみる。触るだけで、癒されるんだよ」
というのは、あるコレクター。

特に最近、バラエティショップなどでは、こうした「ふわふわ触感」のストラップなどを多く見かけるし、ふわふわ触感の食品の巨大なストラップを携帯につけている女子高生・若い女性なども増えていると聞く。

そんな一つ、河田の「リアルパンシリーズ 牛乳ひたしパン」(他にいちご牛乳、バナナ牛乳の全3種)。見た目のリアルさもさることながら、ふわふわもちもちの手触り、さらに甘い香りは、クセになる。

かなり巨大なストラップなのだが、なぜこんなものを? 企画・総発売元のアイクラップに、きっかけなどを聞いた。

「当社はもともとゲームセンターの景品の企画をしている会社なんですが、『牛乳ひたしパン』は昨年、ゲームセンターで人気が出て、今年の2月から物販化したものなんですよ」

そもそもなぜゲームセンターで、これを?
「きっかけは、5~6年ほど前に、見た目がリアルでやわらか系の食品そっくりのものを作ったこと。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年10月27日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品