巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

フィギュアがローカル線の救いの女神? 「鉄道むすめサミット」開催

「久慈ありすは県の嫁」と熱く語る達増岩手県知事。

( 1 / 3 )

その土地の名産品などにちなんだ独自のゆるキャラや戦隊系ヒーローなどを作って地域興しを行っている例はにわかに増えてきているが、これらとはちょっと異質な流れで地域活性に役立っている現象が生まれている。その鍵を握っているのが、「鉄道むすめ」だ。

「鉄道むすめ」といえば、運転士や車掌や駅員さんなど各鉄道事業者の制服姿で活躍する女性たちをフィギュア化した、トミーテックから発売されている人気シリーズだ。2005年に第1弾が発売されて以来、すでに第8弾まで続いており、フィギュアから派生したコミックやCD、テレビドラマなど多くのコンテンツが作られ、鉄道ファンだけでなく幅広いファンを獲得している。この11月には第9弾も発売を控えている。

その、フィギュア化した鉄道会社の「むすめ」を文字通り看板娘として前面に打ち出し、路線のイメージ向上や沿線の地域興しに一役買わせようという動きが各地で起こっているのだ。

中でも積極的なのが、岩手県の第3セクター・三陸鉄道だ。「鉄道むすめ」に登場する同社の女性運転士「久慈ありす」のイラストが描かれたヘッドマーク付きのイベント列車を走らせたり、ご当地名物・南部せんべいに彼女の絵を描いたものをお土産品として売り出すなど、これまでに様々な活動を展開してきた。ちなみに「久慈ありす」の名前の由来は、三陸鉄道の起点である久慈駅と、「リアス式海岸」をもじったものだそうだ。その縁もあって、久慈駅周辺の商店街では久慈ありすのポスターが方々に張られている。

ライター情報: 足立謙二/studio woofoo

大手通信社を経てフリーに。特撮・鉄道・ゲーム・昭和レトロなど古典的オタク分野に“わりと”精通。

2009年11月3日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品