巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

お寺がメイド喫茶を出店

このエントリーをはてなブックマークに追加

大盛況だった、「お帰りなさいませ了法寺へ☆」。

( 1 / 3 )

今や、すっかりメジャーなサービスとなった“メイド喫茶”。しかし、実際に経験した人って多いんだろうか? 私には、2度ほど経験が。機会があれば、また行ってみたいと思っていた。

そんな時に、新たにメイド喫茶オープンの情報をキャッチ! 11月の21~22日に行われた「八王子いちょう祭り」内で、一風変わったメイド喫茶が出店されたのだ。
「これは見逃せない!」と個人的な興味も兼ねて、遊びに行ってきました。

ところで、このお店のどこが変わっているのかというと、主宰しているのが由緒正しき“お寺”なのだ。そのお寺とは、日蓮宗の「了法寺」(東京都八王子市)。ここが2日間限定のメイド喫茶を企画した。名付けて「お帰りなさいませ了法寺へ☆」。

了法寺は、以前より変わった試みにチャレンジしており、そのひとつに“萌え看板”がある。
甲州街道沿いに位置する了法寺では、通りすがる人たちにお寺の存在を知ってもらおうと、入り口にインパクト十分の萌え看板を設置した。これが“アキバ系”とも言うべき、マニアにはたまらないデザイン。

このような試みを始めたきっかけを、了法寺の住職である中里さんにお伺いした。とにかく、「お寺を、たくさんの方々に知ってもらいたい」という思いが強かったようだ。
「ウチのお寺は門が狭く、自動車はもちろん通行人の方も存在に気づかないようなお寺でした。また、訪れる方もお年寄りが多く、若い方がなかなかいらっしゃらなかったんです。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2009年11月26日 10時00分

注目の商品