巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

気軽なボランティア、「フードドライブ」とは?

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

戸棚の奥には意外に眠っている食料があるかも?

( 1 / 2 )

「フードドライブ」って、知っていますか? 

名称からは想像しづらいかもしれないが、実はこれ、アメリカ生まれのボランティアのひとつ。家庭にある缶詰やレトルト食品などの保存食品を募り、地域の福祉施設や団体に寄付する活動をいう。

日本ではまだあまり知られていないが、その活動の輪は少しずつ広がっている。女性だけの30分フィットネスチェーン「カーブス」を展開する株式会社カーブスジャパンでは、2007年から全国でフードドライブを実施。年に一度、全国に約800店舗(2009年12月現在)あるカーブス店舗にて会員および一般の人たちから食品を募り、児童養護施設や女性シェルター、介護施設等の施設・団体に寄付している。

しかし、なぜフィットネスチェーンがフードドライブをおこなっているのだろうか? 同社の広報担当に話を聞いた。
「全都道府県に店舗を持ち、地域密着型の展開をしているカーブスとして、少しでも地域の役に立てる活動はないかと考えました。アメリカのカーブスでは1999年からフードドライブを実施していますが、日本では全国でこの活動をしている企業や団体がないことを知り、取り入れることにしました」
実際に活動してみると、食べ物を必要としている人は思った以上に多かったという。

今年度で3年目を迎えるカーブスのフードドライブ。初年度は届け先(296カ所)を探すのにも非常に苦労し、各地の社会福祉協議会を訪問したこともあるのだとか。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2009年12月13日 00時00分

注目の商品