巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

飲み物で動くおもちゃたち

飲み物で動くリモコンカー。

( 1 / 2 )

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズで登場した“デロリアン”という車。パート1のエンディングシーンは鮮烈だった。改造後のタイムトラベルの動力は、ガソリンでもプルトニウムでもなく、その辺のゴミ置き場にあったバナナの皮とかジュースの残りとか空き缶とか、要するにゴミを再利用。それをエネルギーに、宙に浮いて21世紀にタイムスリップしていく。

「なんてカッコいいんだ!」――当時小学生だった私には、あの未来を感じさせるシーンが魅力的だった。しかし、あれは映画の世界。そんな風に割り切っていたが、ついに時代が映画に近づいてきた。
“世界のソニー”がやってくれたのだ。今、我々が見たこともないような電池を開発している。その名も『バイオ電池』。

この電池がスゴい。果物や野菜、ジュースなどの飲み物に含まれる「ぶどう糖」のエネルギーを電気エネルギーにかえて発電するのだ。
ただ、原理が難しい。難しいので詳細は割愛するが、簡単に言うと、ぶどう糖と酸素を化学反応させて電気を起こしている。生物は、ぶどう糖などの炭水化物を酵素で分解して、活動エネルギーを得ている。バイオ電池ではこの仕組みを利用して、ぶどう糖を酵素で分解して電気エネルギーを取り出す。

この研究を、ソニーの研究所が着手し始めたのは2001年。まさに21世紀の幕開けとともにスタートした。そして試作品のバイオ電池によって、初めて実験的に動作確認ができたのは、ソニーの代表的商品とも言える『ウォークマン』。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年2月21日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品