巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ショコラマッコリ、エスプレッソマッコリのお味は?

ライター情報:清水2000
このエントリーをはてなブックマークに追加

左がショコラマッコリ、右がエスプレッソマッコリ。
取材協力:チンチン ソウル市麻浦区西橋洞343-9(弘大正門から新村方面に50mほど進み左手。スターバックスの2件隣)Tel.02-334-1476

( 1 / 3 )

韓国は今、マッコリがブームだ。それまで同国でマッコリといえば、とにかく安価で、飲んだ次の日には二日酔いを起こすチープなお酒という印象があったよう。しかし最近は上質なマッコリに脚光が当たり、様々なマッコリを扱うバーも続々登場、幅広い客層から人気を集めている。

若者が集まるエリア、弘大(ホンデ)に店を構えるダイニングバー「チンチン」を訪れた。創業以来18年、日本食や創作アジア料理を提供してきたこのお店は、ブームに先駆け昨年8月から様々なマッコリを扱いはじめたところヒットし、マッコリバーとしても名を広めるようになった。なお、チンチンとは「親親」という漢字を韓国語読みしたものなので、あしからず。

同店では、オリジナル高級マッコリ「ホランイマッコリ」を始めとして、職人が手がけた「ソン・ミョンソプのテインマッコリ」、「カウル(秋)マッコリ」など、全国各地から取り寄せたマッコリの逸品を提供。
さらに、マッコリに様々な味を加えてアレンジした「カクテルマッコリ」も扱い、こちらは20~30代の若者に人気を集めているという。

カクテルマッコリ、とは一体何だろう。メニューを見ると、「シャーベットマッコリ」、「メロンマッコリ」「ココナッツマッコリ」「スサム(高麗人参)マッコリ」といった、バラエティー豊かな商品名が並んでいるが、個人的に特に気になったのが「ショコラマッコリ」と「エスプレッソマッコリ」の2品である。
マッコリにフルーツジュースを混ぜるのは、まだわかる気がする。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2010年3月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品