巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ベランダで、お米が栽培できるらしい

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベランダで「コシヒカリ」。

「私の趣味はガーデニングです」。イケてるセリフである。何しろ、育て上げた植物は目にも鮮やか。それを試しに飾ってみれば、オシャレな人間になったような。その上、癒し効果も絶大だから、やっぱりイケてるじゃないか!

しかし、このガーデニングには“癒し”じゃなくて“食欲”に効果がある。愛知県瀬戸市にある陶器メーカー「聖新陶芸」が発売している『お米栽培セット 自分米』が新しい。

では、何がどう新しいのか? このセットを使ってみると、自宅のベランダで“苗作り”から“稲刈り”までを、この手でできるというのだ。まさに驚きの品。しかも、できあがるお米は「コシヒカリ」だというから、自分の庭じゃないようなミラクル。

栽培方法は、付属の解説書を見れば、全く問題なし。
まず、種もみを撒いて芽を出させる「芽出し」から始まる。その後、芽が出てから大きな容器に植え替える「植え替え」。そして「中干し」、「生長」、「稲刈り」、最後は玄米から白米にする工程で仕上げる。こうして、めでたくお米のできあがり!
ちなみに、この自作「コシヒカリ」のボリュームは、約1000粒。子ども茶碗で、約半分くらいの量になるそうだ。

それにしても、陶器メーカーがどうしてこんなことを? 
実は、同社では“植物を育てる陶器”を10年ほど前から販売していたのだが、勢いあまって“お米販売キット”の製作にまで手を伸ばしてしまった。

しかし、それが好評に。今年の2月の発売以来、男女問わずにウケているという。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年4月24日 00時00分

注目の商品