巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

一人で奏でるジャズボーカル! 伊藤大輔“ボイスソロ”の秘密

ライター情報:大山くまお

“ボイスソロ”の使い手で、“歌い手”の伊藤大輔さん。

ステージに現れるのは、若い男性ボーカリストたった一人。手にはマイク一本のみ、伴奏者はいない。おもむろに彼がリズムを刻みはじめると、そこに絶妙なコーラスが重ねられていく。そしてボーカル。あるときはグルーヴィーに、あるときは優しく。時には水の音や虫の音までが音楽の一部となる。もちろんすべて彼一人の声だ。

ボーカリストの名前は伊藤大輔。1980年生まれの30歳。ジャズボーカリストであり、日本で唯一にして随一の“ボイスソロ”の使い手だ。彼が歌う曲はジャズのスタンダードナンバーからソウルミュージック、さらには「おぼろ月夜」などの古い歌曲にまで及ぶ。

ボイスソロを予備知識なしに聴く人は「一体どうなってるの?」と驚くはず。その秘密は、彼の足元に置かれた一台のループマシンにある。歌いながら足でループマシンを操作し、自分の声を録音して会場に流していく。つまりオンタイムで行う“一人多重録音”だ。それでいて、伊藤の歌はけっして難しいものではない。すっと観客の耳に届き、まったくジャズを知らなくても、老若男女誰でも楽しめる。MCでいとも簡単にタネ明かしをしてしまうのも、ボイスソロをマニアックなものにしないための伊藤の心配りだ。

「そう言ってもらえるとすごく嬉しいですね。4~5年前、女性ボーカリストの溝口恵美子さんに誘われて、ボーカリスト二人だけでライブをしたのがボイスソロを始めるきっかけでした。それがすごく面白くて、一人でできないかな、と考えていたとき、リチャード・ボナやジャコ・パストリアス(いずれもジャズベーシスト)が楽器用のループマシンを使って一人で曲を演奏するのを思い出して、それを自分もやってみたらどうだろう、と」

そんなとき、伊藤にあるジャズクラブから出演依頼が舞い込んだ。しかし、急だったためバンドのメンバーが集まらない。そこで思いついたのがボイスソロだった。

「最初はものすごく怖かったです。楽器もないですし、丸裸ですから。
関連キーワード

ライター情報: 大山くまお

フリーライター&編集。名言研究家。

2010年6月12日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

モバイルでコネタをチェックしよう!