巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ファミマの「ベトナム店」で売れているもの

ベトナム1号店の「ファミリーマート NGUYEN KHAC NHU(グエン・カック・ニュー)」店舗。通りの名前をそのまま採用しているそう。現地のお客で大盛況。

( 1 / 3 )

去年の12月、ファミリーマートがベトナムのホーチミンシティに第1号店を開店した。それまで日本をはじめ、台湾、韓国、タイ、中国、アメリカと6地域で展開してきたファミマ。どうしてベトナムを次の候補地に選んだのだろう? また、現地ではどういったものが売られているのか? そんなギモンの数々を株式会社ファミリーマート、広報・IR部の新野マネジャーに投げかけてみた。

どうしてベトナムを候補地にしたのですか?
「ベトナムは、現在の経済成長はもとより、国民の平均年齢も20代と非常に若いために、将来性が非常に高い市場だからです。また、若い人たちの向上心も非常に高いと聞いております」

実際の現地のお客さんからの反響は?
「清潔で、しかも24時間空いているお店ということが非常に喜ばれています。学校帰りに毎日立ち寄ってくれる学生の常連さんもすでにたくさんいらっしゃいます」

でも、日本発祥のコンビニエンスストアとしては初めての出店と言うことで、いろいろと大変なこともあったのでは?
「そもそも、コンビニエンスストアがほとんどない状態であったため、商品はどこから調達するか、どのように運ぶのか、冷蔵庫は設置できるのかなど、何をとっても初めてのことなので、あらゆる面で苦労しました。ただ、隣国のタイにファミリーマートが出店しているため、社員研修はタイで実施しました」

ベトナム1号店にはどういった商品が置かれているのですか?
「ファミリーマートならではの商品としては、おむすびやサンドイッチなどのいわゆる『中食(なかしょく)』商品にチャレンジしています。

2010年6月22日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品