巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

あなたのパソコンを3D化するための値段

ライター情報:羽石竜示

【上】3D対応モニター、LG『W2363D-PF』 【下】3Dメガネ、nVIDIA『3D VISION GLASS』。

( 1 / 3 )

3D映画『アバター』の大ヒット効果もあり、家電は今3Dで盛り上がっている。だが、3D対応テレビやブルーレイプレーヤーを揃えるとなると、かなりお高い買い物となる。では、あなたの使っているパソコンを改造して、3D動画コンテンツを見られるようにしたら、一体いくらになるか。

現在、販売されているおもな3D対応テレビの価格は以下のとおり。
・40~42型テレビ
ソニー『BRAVIA KDL-40HX800』 22万9800円
シャープ『AQUOS LC-40LV3』 27万8000円
パナソニック『VIERA TH-P42VT2』 29万9800円
(参考・ヨドバシカメラ)
大画面でかつ、音響も3D映像に合わせて立体的に聴けるようになっているなど、まさに高級テレビの仕様。その分どうしてもお値段は高め。さらにこれに、3D対応ブルーレイディスクを再生・録画するための機器の値段も加わると、計35~40万円くらいの出費となるだろう。

他方、3D対応パソコンはどうか。
・富士通の23型オールインワンPC『ESPRIMO FH900/5AN』 16万8800円(Web直販価格)
・東芝15.6型ノートPC『dynabook TX/98MBL』 24万9800円
といった値段。いずれもブルーレイドライブ搭載。パソコンの多機能性に加えて3Dコンテンツが見られることを考えると、テレビより割安なのかも。

ではいよいよ、自分で自分のパソコンを3D対応化した場合。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2010年7月1日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品