巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

太陽の位置で季節と時刻がわかる日傘

透けて見える太陽の位置でわかる。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

この原稿を書いているのは10月3日なのだが、つい数週間前のあの暑さは何だったのだろう。完全に秋。この急激な気候の変化に、付いていくのがやっとです。

そんな季節の移ろいが、なぜか傘を差しているとよくわかるらしい。「有限会社 znug design(ツナグ デザイン)」が製作した日傘『691236』を差していると、その傘の内側から見える太陽の位置で、今の季節と時刻がわかるというのだ。

画像を見ていただきたい。傘の内側に引かれた縦の線5本は「時刻」を表し、横の線3本は「季節」を表す。
縦線の傍らに印字されている数字(6、9、12、3、6)は当然、時刻のこと。そして、季節を表す横線3本について。一番上の線は「夏至」を、真ん中の線は「春分」「秋分」を、一番下の線は「冬至」を指す。

使い方は、傘の取っ手にある方位磁針のN極を自分に、S極が傘の“12”を指すように構えて太陽を見る。
その状態で見る太陽の位置はどこか? それで判明する。画像の太陽だと、夏から秋になろうか(もしくは、春から夏になろうか)という時期の、午後4時くらい。

ちなみに、同社はデザイン事務所である。元々、商品を製作して一般に販売するという業務を行う会社じゃなかった。
この『691236』も、日傘の作品のみを扱う展示会のために製作されたもの。それが「面白いから、商品化しませんか?」というお声がかかり、周囲の協力のもとにいつの間にか商品となった。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年10月21日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品