巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

“食べるラー油”じゃなくて“食べるしょうゆ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ごはんに乗せてみた。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

世を席巻する“食べるラー油”の人気っぷり。私も、ご多分に洩れずハマっています。もし運よく店頭で見かけたら必ず入手するし、某チェーン店の“ラー油丼”だったり“ラー油バーガー”辺りにも目がない。

しかし、この存在は知らなかった。和歌山の「丸新本家株式会社」が開発したのは、“食べるしょうゆ”。『このもろみ うまいジャン』が、8月より発売されているらしいのだ。

この新食品、やはり今流行りの“食べるラー油”を意識しており、原材料はもろみ、ごま油、ガーリック、すりごま、ローストオニオン、唐辛子、ラー油。
同社オリジナルのもろみ味噌に、“辛味”をプラスして作りあげた。

それにしても、どんな味がするのだろう?
「辛味と甘みとにんにくの香ばしさが活きています」(同社・担当者)
正直、コメントを聞いても想像できるようなできないような……。実際に食べないではいられないので、取り寄せてみました。

ところで、どんな食べ方をしてみようか。『このもろみ うまいジャン』、オススメの食し方はあるのだろうか?
「ご飯や豆腐などに合います。また、炒めてもいいです」(同社・担当者)
あとは、“キュウリ”だとか“冷やうどん”とか……。要するに、何にでも合うようだ。せっかくだから、色んな食べ方をしてみよう!

まず、瓶のふたを開けると、思いっきり漂う“もろみ”の香り。ただ通常のもろみよりも、若干、中華寄りの雰囲気が。
そして、ご飯に乗せて食べてみた。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年10月26日 10時00分

注目の商品