巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

最近「自炊」が流行っているらしい

ライター情報:もがみ

PFUのドキュメントスキャナ。

「自炊」とは、「自分で食事をつくること」だが、最近は「自分で本や雑誌を電子書籍化すること」を表す俗語として使われている。今回の話題は、「自炊する一人暮らしの男が増えている」ではなく、「自分で電子書籍化する自炊とはなんぞや?」だ。

「電子書籍」とは、紙の印刷物である本や雑誌ではなく、書籍データ(ソフトウェア)を電子機器(ハードウェア)で表示して読むもの。
表示するハードは、パソコン、携帯電話、専用端末(電子ブックリーダー)などがある。今年発売されて話題になったiPadは、まさに電子書籍を表示するにはぴったりのアイテムだ。
コンテンツである書籍データ(ソフト)は、インターネットからダウンロードして入手するのが一般的。有料のもの、無料のもの、どちらもある。

しかしながら現状では、電子書籍のコンテンツは少なく、読みたい本が印刷物でしか売られていない場合が多い。そうなると、自分で本を電子化するしかない。また、自分が持っている本や雑誌を電子化して処分すれば部屋は片付くし、たくさんの本を端末で持ち運べばいつでも読めて一石二鳥。
というわけで、自分で買ってきた本やマンガや雑誌を電子化する「自炊」が流行っているわけだ。

では、「自炊」は実際にはどのようにやるのか?
電子化するには、本の各ページをスキャナで取り込みデータ化する必要がある。1ページずつ本を開いて原稿台のガラスに押し付けてスキャン……。なんて面倒なこと実際にはやってられない。
関連キーワード

ライター情報: もがみ

普段は勉学に励み(?)、休日にコネタ探しをしている。大阪イメージアップ作戦展開中。好物=旅、コネタ探し、デジカメ、地図

2010年11月25日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品