巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

なぜコンピューターは「将棋が上手くなりたい」の?

ライター情報:イチカワ

コンピューター将棋のレベルは、ますます高度になってます。

[拡大写真]

どうやらコンピューターは、将棋が上手くなりたいらしい。

1974年に始まった、コンピューター将棋の開発。きっかけは、作家が小説の材料として「江戸時代の棋士が、現代の棋士と戦ったらどうなるのか」シミュレーションするためだった。ただこのときは、人工知能の研究者数名が開発したものの、コンピューターのレベルは、ルール通りに指すのがやっとという程度。それからずっと、コンピューターは将棋に本気で取り組んできた。

そして2010年10月、コンピューターは女流棋士に勝利。169台のマシンと4つのソフトが力を合わせるという、引くくらいの本気を見せた。もちろんこの先、コンピューターは将棋界の頂点を狙おうとしている。

なぜコンピューターは、こんなにも将棋を極めようとしているんだろう? そして、どうして人間と戦うんだろう? 10月の戦いで女流棋士に戦いを挑んだ社団法人情報処理学会の、松原仁教授(公立はこだて未来大学)に伺った。

「ゲームは勝負がはっきりしているので、人工知能を研究するうえで、例題として適しています。世界的にもコンピュータチェスが約50年間にわたって人工知能のよい例題となってきました。(1997年に)チェスでコンピュータが人間を越えたので、次の例題の一つとして将棋が選ばれています」

将棋はコンピューターにとって、チェスよりも複雑なゲームとされる。チェスの盤面は8×8、将棋の盤面は9×9で、指す広さは似ているものの、将棋には相手から取った駒を使える“持ち駒”制度がある。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年11月29日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品