巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

チョコづくし! チョコグラスで飲むチョコビール

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコグラスでチョコビール。とことんチョコレートを堪能!

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

以前コネタでも紹介したチョコレート風味のビール、通称チョコビール。最近では大手ビール会社も参入し、洒落たバレンタインギフトとして、その知名度を高めつつある。

そんなチョコビールと一緒に贈りたいのが、今年登場の新アイテム、チョコレート製のビアグラスだ。素材はチョコレートなので、グラス自体を食べられるのはもちろん、チョコビールを注いで飲むこともできる。

グラスを販売するのは、2006年より一早くチョコビールを販売している地ビール会社のサンクトガーレン。同社の中川さんいわく、イカを乾燥させて徳利の形にした「イカ徳利」にヒントを得たのだとか。

そもそもチョコビールは本物のチョコレートと相性抜群。
「グラスのカカオの香りと、チョコビールの香りの相乗効果が素晴らしく、ビールを注いだときに漂う香り、口に含んだ時に鼻に抜ける香り、飲み終わった後の余韻までとことんチョコレートです」
しかもグラスは今年のクープドモンド(パティシエの世界大会)の日本選手団監督も務める世界的パティシエ、柳正司さんのオリジナル。ひとつずつ丁寧に手作業で作っているという。

チョコレートと聞くと、グラスが溶けてしまうのでは? と思う人もいるかもしれないが、心配は無用のようだ。“テンパリング”と呼ばれる温度調節をしっかりやっているため、簡単には溶けないそう。中川さん自身、4杯ほど飲んでみたものの、グラスには何の変化もなかったとのことで、
「まったく溶けません。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2011年1月20日 10時00分

注目の商品