巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

被災者を勇気づけた“エイプリルフール”サイトの制作秘話

今年は、VOCALOID SONG GENERATOR。ユーザーに“体験”を提供しつづけている作者の思いが、被災者を勇気づけた。

[拡大写真]

4月1日といえば、エイプリルフール。
エイプリルフールといえば、インターネット上での盛り上がりが定番となっている。IT企業やゲーム会社だけではなく、Yahoo!やGoogleまでも毎年大規模なジョークを仕掛けており、インターネットユーザーは4/1の0:00と同時にそれを探して回る。これがテーマパークを巡るようでとても楽しい。1年で一番ネットが面白い日であるとも言えよう。
でも、なぜ“エイプリルフール”がここまでインターネット上で盛り上がるのだろうか。その裏を探っていきたい。

早速、今年の“四月馬鹿企画”として専用サイト『VOCALOID SONG GENERATOR』の製作者に話を伺った。『VOCALOID SONG GENERATOR』とは、歌声合成ソフトであるVOCALOID『初音ミク』に歌わせるための『歌詞』『曲』を歌のテーマを入力するだけで自動生成することができるWebプログラム。さらに、このプログラムで作成した歌を動画に仕立てて、勝手にニコニコ動画にアップロードしてしまうというエイプリルフールの“オチ”がつくというもの。
個人で制作した企画ながらも、企業とならんでIT系ニュースサイトにも紹介されるなど『VOCALOID SONG GENERATOR』は、話題をよんだわけであるが、この背景には、作者の強い思いが隠れていた。

「エイプリルフールの面白いところは、企業と個人が同じ土俵にたってネタを競い合えるところ。
関連キーワード

2011年4月4日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品