巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

デモだけじゃなかった! 「反原発」を訴える非暴力行動のいろいろ

ライター情報:池田美砂子

「原発さよなライオン」! 高円寺のデモにはこんな子どもたちの姿も。

[拡大写真]

4月10日、日曜日。満開の桜が咲き誇るこの日の東京で一番熱かった場所、それは間違いなく高円寺(杉並区)だったと思います。この日の午後、高円寺周辺に集まったのは1万5,000人を数えるたくさんの人々。目的は、お花見ではなく「反原発」を訴えるデモ行進でした。

このデモ、日本人の多くが想像する典型的なデモとは明らかに様子が違っていました。当日撮影された動画を見ると、参加者は若者が圧倒的多数。買い物にでも来たようなカジュアルな服装で、それぞれユニークなプラカードやフラッグを片手に高円寺の街をにぎやかに練り歩いています。中には仮装している人やラップ調でメッセージを発するDJもいて、一見するとお祭りのようにも見えるほど。かつて、日本でこんなに明るくオープンな雰囲気のデモがあったでしょうか。この光景を目にした誰もが、これまでとは明らかに違う何かを感じたことでしょう。

さて、このような原発に対する若者の抗議行動は、今に始まったことではありません。全国各地で、特に原発のある、または原発建設予定地の地元の若者たちがアクションを起こした例は、数多くあります。その形態は様々。デモの文化がないと言われる日本人の若者たちですが、それぞれの立場で考え、オリジナルの、非暴力による抗議行動を起こしています。今日はそのいくつかをご紹介したいと思います。

最も記憶に新しいのは、今年1月、上関原発(中国電力)計画の中止を求めて10代の若者を中心としたメンバーが起こしたハンガーストライキ、略して「ハンスト」です。
関連キーワード

ライター情報: 池田美砂子

エコとサステナビリティをテーマに執筆するフリーライター。気象予報士であったりもする。

URL:http://twitter.com/IkedaMisako

2011年4月15日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品