巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

枕になるネクタイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

寝心地は良い。

( 1 / 3 )

仕事中に限って、あんなに眠たくなるのはなぜだろう? 不思議だ。お昼ごはんを食べたら、もう睡魔が忍び寄る。不気味に。

何も私は会社で眠ることを推奨しているわけではないが、そんな時にピッタリのアイテムがあるらしい。心強い。「株式会社KTM」から4月下旬より発売の『眠りタイ』は、その名の通り“眠るためのタイ”である。

どういうことかというと、このネクタイは枕になるのだ。裏側の弁から空気を入れて、ネクタイを膨らませるだけ。そうしたら、これを頭の下に敷いて夢の世界へ……。

実はこのネクタイは、アメリカで生まれた商品。現在でも、米国のギフトショップ等で販売中だという。
「冗談で購入する人も、実際に手に取ってみたらネクタイとしての質の高さに驚いているみたいです。必要のないときは膨らませる部分を外して使用することも可能ですし、通常のネクタイとしても評価されております(同社・担当者)

どう、質が高いのか? このネクタイの素材はシルクとマイクロファイバー。シルクによる文句なしの見た目の良さが、売りの1つ。そして、マイクロファイバーによる耐久性によって簡単にシワが寄らないのが、もう1つの売りである。

「アメリカではスポーツ観戦などで地面に寝転ぶことも多いので、好評みたいです」(同社・担当者)
そんな好評を受けて日本に上陸した“眠るためのタイ”。では、眠り心地はどうなのか? 同社の杉原社長に、自らの体験談を語っていただいた。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年5月9日 10時00分

注目の商品