巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“プロカメラマンの撮影”クオリティを可能にするキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただいま撮影中!

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

私も仕事柄、色々と撮影する機会は多い。その際に使用するのは、安物のデジタルカメラ。正直、四苦八苦している。光が上手く当たらないわ、見せたい部分がしっかり収まらないわ……。カメラの才能がないのは、重々承知しているものの。

そんな時、素晴らしいアイテムと出会った。東京都墨田区の「有限会社 大里化工」が製作・販売している『フォトラ』は、プロのカメラマンがスタジオ撮影する際に最低限必要なアイテムを取り揃えた撮影キットである。
と言っても、被写体は綺麗なモデルさん達ではない。品物やサンプルを撮影する際、この『フォトラ』があると心強いのだ。

この『フォトラ』には、蛍光灯照明2台、背景紙、ホルダー(背景紙を支え、立体的な撮影を可能にする)、専用ディフューザー2種類(光を調節する際に使用)が揃えられている。
これらを使うと、どうなるか?
「照明を当てれば、キレイに撮影はできるんですね。ただ、光の当て方によって色々変わってきます。たとえば下から光を当てると、浮き出た写真になるんです」(同社・谷社長)
その違いは微妙なので、通常の撮影で満足している人ならそれでもいいと語る谷社長。しかし「その微妙な差によって、だいぶ違ってくるんです」(谷社長)

具体的に言うと、どのような違いがあるか。一番大きいのは、影が浮き出ない。元々、同社で作成していた商品のプロモーション・リストの撮影する際、写真にできる影を何とかしたいと思っていた谷社長。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年5月12日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品