巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

10月開催、「伊賀流手裏剣打選手権大会」

このエントリーをはてなブックマークに追加

参加チラシは博物館ホームページから。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

一度はなってみたい、あこがれの職業、忍者。

そんな忍者最大の武器である手裏剣の技を競う選手権が、10月16日(日)に、三重県伊賀市にある伊賀流忍者博物館で開催される。いったい、どんな大会なのか? 興味深すぎるその内容を博物館の担当者に問い合わせてみた。

「伊賀流手裏剣打選手権大会が最初に行われたのは 3年前で、 博物館の運営母体である伊賀上野観光協会の創立50周年の記念イベントとして開催されたのが始まりです。」とは伊賀流忍者博物館の担当者さん。

選手権のルールは至ってシンプル。6メートル(女性、いや、「くノ一」の方は5 メートル)離れた場所にある的に向かって手裏剣を投げ、的中点数を競う。投げる前には真言密教「九字の印」(臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前)」を切ることが決められており、これが正しく切れないと減点対象になる。 投げ方はオーバーハンドと決まっており、片手に載せた手裏剣をもう一方の手で滑らせるように投げる、あのいわゆる手裏剣投げでは無いので注意が必要だ。

ちなみに第1回、第2回では、手裏剣打の得点以外に「パフォーマンス点」があったらしい。自作のド派手な衣装に身を包んだ忍者、コント風の動きで会場を爆笑の渦に巻き込んだ忍者など、様々な参加者がいて大変盛り上がったそうなのだが、手裏剣が的に当たっていなくても高得点をたたき出す人が続出したため、「今年は純粋な手裏剣の技で競っていただくことにしました」とのこと。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2011年8月16日 10時00分

注目の商品