巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

震災から半年、復興支援に活躍した地図

ライター情報:太田サトル

このエントリーをはてなブックマークに追加

復興支援活動の一環として、売り上げの一部は東日本大震災の義援金として寄付されます。

[拡大写真]

東日本大震災の発生から半年が経過した。
現在も被災地の復興は進むが、地震や津波の影響で、多くの町や道路の様子が変わってしまった。

『東日本大震災 復興支援地図』。青森から千葉県に至る、震災で大きな被害を受けた東北〜関東の太平洋側を中心に構成された地図帳だ。太平洋沿岸の5万分の1の地図と、青森から東京にかけた広域の地図で構成されていて、被災地までのアクセスなどが確認できる。
冒頭に、
<津波被災状況の把握や移動時の交通規制情報の確認、地理的情報の共有化など現地においてさまざまにお役立ていただけるものと確信し、本書の出版を企画いたしました>
とあるが、その名の通り、震災からの復興にあたり、必要とされる情報が盛り込まれた地図で、今年5月に被災地自治体など復興支援に関わる機関に無償で配布されたあと、6月に一般発売された。

地図には震災関連情報として、「津波浸水範囲表示」「災害対策本部」「避難所」「道路交通規制」「鉄道運休状況」という、被災地の方々や、復興作業やボランティアにあたる人たちに必要とされる情報が盛り込まれている(情報は2011年4月時点の取材結果によるもの)。

地図を開くと、「災害対策本部」「避難所」、「運休中」といった通常の地図にはない表記が、赤文字で強調され、目に飛び込んでくる。そして、地図の一部に色付けされている地域があるのだが、この色分けされた部分が「津波浸水範囲」として、津波被害を受けたエリアを表している。
関連キーワード

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

2011年9月16日 08時00分

注目の商品