巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ゲームの遊び方は変わってしまった?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームやってますか?

[拡大写真]

モバゲーとか、グリーとか、ケータイゲーム隆盛の昨今。
先日、『ファミ通GREE』が創刊したばかりだが、ファミコンで育った世代にとっては、隔世の感を禁じ得ないニュースではないだろうか。

ところで、ケータイゲームをやらない自分などは、「ケータイゲーム=忙しい人が通勤時間などに暇つぶしする手段(テトリスとか?)」と思っていたが、どうやら全く違うらしい。
「食わず嫌いはいけないと思い、1度やってみたんですが、面白さがわかりません……」
と30代の知人男性は言っていたが、その理由は「アイテムを持っていれば勝つだけで、苦労や努力が必要ないから」。

調べてみると、確かに「これってゲーム?」と思うような内容のものが多そうだけど……。
ゲームの遊び方は時代とともに変わってしまったの? ゲーム雑誌編集者に聞いた。
「ケータイゲームは、確かにアイテムを持っていると勝つというものが主流です。また、短時間の暇つぶしとかでなく、どっぷり長時間ハマッている人が多いですよ」

ゲームの遊び方自体が時代の流れとともに変わってしまったのかと聞くと……。
「いわゆる『ゲーマー』とケータイゲームにハマッている人とは、基本的にかぶってません。ゲーマーはケータイゲームが好きじゃない人が多いですね。東京ゲームショウにもグリーのブースが出ていましたが、閑散としてましたし。どこで分かれるかは、『ケータイ世代』か『ファミコン世代』か。30代以上はファミコン世代で、それより下がケータイ世代ですが、ゲームに触り慣れていなくてケータイがいちばん楽しい世代が、身近にあるケータイゲームにハマッているんです」

オンラインゲームは大きく分けると、「『毎月○円』という定額課金制で、ゲーム内のお金でアイテムを買うタイプ」と「無料で、アイテムを買うごとにお金がかかるタイプ」があるそうで、ケータイゲームの場合はアイテム課金が基本だそう。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年10月5日 10時00分

注目の商品