巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

男のための「着物のはじめかた」講座に行ってみた

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加

「kimondou.jp」(キモンドウ)では知識ゼロでもはじめられる内容でいっぱい。

[拡大写真]

近年、着物を着こなす若い男性が増えている。しかし、実際興味はあるけれど、まず何から始めて良いのか分からないという人も多いはず。そこで、「着物と触れ合い、日本の伝統を伝える。楽しむ」ことを提唱し、インターネットサイト「kimondou.jp」(キモンドウ)も運営するジャパンスタイルで、男性のための和装についてうかがった。近頃の男性向け着物事情と入門方法を教えてください。
「洋服が文化として日本へ本格的に入ってきた明治以降、時代を経るごとに和服は高級品になりました。しかし近年では再び一般化されつつあり、以前と比べより身近なものとして浸透し始めています。最近は男性からのお問い合わせも多いです」

やはり注目度は増しているのだ。着物といっても色々種類はあるが、実際どう違うのだろうか? 全くの素人のため、浴衣くらいしか分からないのですが……。
「基本的には和装は着物と羽織でワンセット。袴をつけると礼服になります。季節によって着るものは変わり、10月から5月は袷(あわせ)、6・9月は単衣(ひとえ)、7・8月は夏物になります。浴衣はくつろぎ着で入浴後等に着るものも。また外出の際は夏物と同じ時期に着ます。季節の先取りは粋ですが、暑いからといって時期が過ぎても夏物を着ているのは無粋です」

ということは、1年間和装をしようと思ったら、少なくとも3種類の着物を揃えねばならないのか。そこまでの金額を和装にまわす余裕がない場合、何から買えば良いのだろうか? 「まず袷の着物と羽織のアンサンブルに角帯と長襦袢(下着)を購入すると良いです。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2011年10月9日 10時00分

注目の商品