巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

震災前の宮城県沿岸部を残した写真集

震災前の美しかった風景が掲載されている。

[拡大写真]

3月に起こった東日本大震災。一部ではあるが、テレビ等で現在の被災地の様子を目にする機会がある。今は復興に向けて日本が一丸となりながら、前を向いて歩いていくしかない。

ただ、震災前のすべてをリセットするべきなのだろうか? この一冊を見た時、本当に胸にグッと迫るものがあった。10月14日から一般発売されている「みやぎの思い出写真集『海と 風と 町と』」には、震災で津波被害を受けた宮城県沿岸部の“被災前”が記録されている。当時の自然や町並みなどの風景を収めた、写真集である。

この一冊を制作したきっかけについて、発売元である「南北社」の矢吹さんに話を伺った。
「当社に石巻出身のスタッフがいるのですが、被災地に出入りする中、地元の方々の『きれいだった頃の風景をもう一度見たい』という言葉を耳にしたそうなんです」
こうした声を受け、5月上旬に「みやぎの思い出写真集制作員会」は発足している。

そして、掲載されている写真について。この中の一部は宮城県の15の市町村から提供されたものだが、それ以外の大半は5月下旬~7月29日までの期間に一般に向けて募集をした結果、寄せられた写真たちである。計3,195点の写真が集まり、その中から選定された330点が写真集に掲載された。
「一般の方々から募集したのですが、その中にはプロのカメラマンの方からの応募もありました」(矢吹さん)

こうして完成となった、今回の一冊。10月9日から仮設住宅で生活している方々を対象に無料で配布されており、最終的には3万2000部を配布する予定だそう。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年11月8日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品