巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「調味料選手権2011」に行ってきた

ライター情報:田幸和歌子

これが今回総合優勝となった「しょつる 十年熟仙」。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

11月3日は「調味料の日」。

「113(いいみかく)」の語呂合わせや、日本の伝統調味料を見直し、和食の素晴らしさを文化として考えようということなどから、制定されたものらしい。

そんな11月3日に、「調味料選手権2011~新定番調味料を探せ!~」なるイベントが催されると耳にした。
ちなみに、昨年の総合1位は、後にブームとなった「かぼすこ」(大分県)。今後の調味料のトレンドをいち早く知るという意味でも、要チェックかも……ということで、実際にイベントに足を運んでみた。

事前に「デザイン性」「味の斬新、新規性」「日常性」「ご当地度」「ストーリー性」の5項目を基準に審査が行われたそうで、この日の最終審査に残った調味料は、上位11品。
その他、最終審査に漏れたものの、ユニークな全国各地の調味料も豊富に集められており、会場には様々な調味料による濃厚な香りが立ち込めていた。

最終審査は、生産者自身と、推薦者である「調味料マイスター」(日本野菜ソムリエ協会育成)とがタッグを組み、プレゼンを行うスタイル。その後、参加者たちがそれぞれ試食、生産者に話を聞いたりしつつ、投票する。

結果は……。
1位「しょつる 十年熟仙」(秋田/株式会社諸井酒造)
2位「ふくのオイル漬け 中華風味」(福岡/博多い津み)
3位「大葉ソース」(大分/田中醤油店)
4位「柚子ぽん酢ペースト」(大分/原次郎左衛門の味噌醤油蔵)
5位「雲仙アンチョビ えたりでイタリアン」(長崎/伊勢屋旅館)

総合優勝となった「しょつる 十年熟仙」は、魚醤としては非常に貴重な10年物。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年11月4日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品