巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

セーター1枚でみんなが笑顔になる「アグリー Xmas セーター パーティー」

アグリーセーター!? を着てパーティー

[拡大写真]

クリスマス、米国の子どもたちもこの時期は毎日指折り楽しみにしている祝日。日本のように年末に向けて勤務先での忘年会のようなパーティーがあったり、友人同士での飲み会も激増するシーズン。

ここ米国では、数年の間に「アグリー Xmas セーター パーティー」なるものが各地で人気になっている。「アグリー」は「ヒドイ、ダサい」の意味。
そもそもの始まりは、映画『ブリジット・ジョーンズの日記』で、コリン・ファースなるマークがクリスマスパーティーで着ていたトナカイのセーターからアイディアを得たんじゃないかな~。
いい年齢をした大の男が、真っ赤な鼻の大きなトナカイがデザインされたセーターを着てパーティーなる公の場に登場する、という面白楽しいシーンがあるのを覚えている人はいるかしら?

実際このタイプのセーターを普段に着ている人はたいてい中年~初老の女性で、数年前まではもらったら困るクリスマスプレゼントのナンバー1に選ばれたりしていたセーターだったはず。
しかし、今ではクリスマスセーターが大人気で、古着屋さんでも手に入らずプレミア付きなんていうのも出現しているらしい。

そんな「アグリー Xmas セーター パーティー」を友人夫婦が開催するというので参加してきた。
年に一度(いや米国は一度どころではないだろう?)、自分の着ているものに人の目を意識しないで堂々といられるパーティーがあってもいいじゃないか、というノリだそうで、ダサければダサいほどよく、3D形式凹凸があるセーターだとなおよい、という情報も入手。

ライター情報: シカゴ/あらた

シカゴ在住の兼業フリーライター。音楽から何からいまだに80年代カルチャーをひきずって生きている。世界墓地巡りが好きな根っからの追っかけ派。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/chicago/

2011年12月24日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品