巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

防寒着としてもオススメ、自由に歩ける人型寝袋

ライター情報:山下敦子

このエントリーをはてなブックマークに追加

寝袋の機能はそのままで、自由自在に動ける人型寝袋。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

暖房の設定温度を上げすぎない、電気はこまめに消すなど、多くの人が家で取り組んでいる冬の節電対策。そんな中、友人が家で着用する防寒着として「寝袋を購入する」というではないか。アウトドア派でもない友人が、購入したいというこの「ヒューマノイドスリーピングバッグ(人型寝袋)」(価格9,240円~)。アウトドアブランド「ドッペルギャンガーアウトドア」を展開するビーズ株式会社の商品で、今年9月~11月の3カ月間で6,500個以上の販売実績があるという人気商品だった。同社の開発担当者寺田さんに話を聞いた。

「人型寝袋」……。言葉の通り、見た目は人の形をしていて全身スキーウェアを着ているように見えるが、アウトドアはもちろん、野外フェス、車内など色々シーンで利用ができる寝袋なのだ。
「お客さまの声をお伺いするとキャンプだけではなく、暖房代を節約するために家の中で使われる方も多いようです。また、持ち運びも便利でいざというときに着用してもさっと動けることから、防災用として購入されている方もおられます。通常の寝袋であれば、例えばテント内外で移動する際には必ず寝袋から出なければいけませんが、人型寝袋は手足が出せるので寝袋を出る必要がなく、寝袋内の熱を逃さず体温を冷やさないという点もご好評いただいてます」(寺田さん)

2007年に同ブランドを立ち上げ、手を出すことができるドイツ軍の寝袋をベースに開発・改良を重ね、現在はカラフルなデザインに、サイズ、素材のバリエーションを増やし、用途や体型に応じて好みのタイプが選べる。
関連キーワード

ライター情報: 山下敦子

映画字幕編集職を経て現在はフリーランスライター。カナダ滞在歴約5年。現在は大阪を拠点に活動し時々海外逃亡。

URL:http://www.geishaonthego.com/

2011年12月24日 10時00分

注目の商品