巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“香り”で脳を活性化させるカード遊び

カードから放たれる香りによって嗅覚を刺激し、脳の活性を促す。

[拡大写真]

香りで想い出が甦る事って、たまにないだろうか。例えば、数か月前の私に実際にあった話。街を歩いていると、元カノが使っていた香水がふと鼻によぎり、一気にアドレナリンが上昇。ブワッと毛穴が開いて、あらゆる場面が走馬灯のように……。不思議だ。香りが、私の脳内に作用したのか?

それとは違う次元の話かもしれないが、ちょっと興味深い商品が開発されたという。株式会社sanbongawa(サンボンガワ)が昨年の10月より発売しているのは、“香り”の力で脳の活性を促す知育玩具。その名も『はらぺこあおむしのいいにおい』(税込み2,100円)である。

これは、嗅覚を刺激して脳の活性を促すカードの玩具。視覚に頼らず、嗅覚のみでカードを当てたり探したり合せたりしながら遊んでいくという。香りは果物5種類(リンゴ、パイナップル、イチゴ、バナナ、オレンジ)があり、カードは全部で25枚。
まず、カードに果物の絵柄が描かれた“香りシール”を貼って裏返しておく。そこからの遊び方は様々だ。例を挙げると、カードから放たれる香りを嗅ぎ「これはバナナかな?」と予想して正解を当てる「香り当て遊び」。複数枚のカードの中から指定の香りを探し出す「嗅ぎ比べ遊び」。同じ香りのカードを探し合わせる「香り合わせ遊び」。もっと発展していくと、すべてのカードを使って“香りで当てる神経衰弱”みたいな遊び方でも楽しめる。

ここで、素朴な疑問が一つ。嗅覚を刺激すると、そんなに知育に効果があるのだろうか?
「多くの教育研究者が、『幼いうちに脳に様々な刺激を与えなさい』と唱えています。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年1月24日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品