巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

『モンスターハンター』や『バイオハザード』の世界観を楽しめるバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な仕掛けが、細部に仕掛けられている。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

以前、仮面ライダーのショッカー秘密基地をモチーフにしたレストランへ取材に行ったことがある。あそこは、特に30代以上のお父さん率いるファミリーのハートをガッチリ掴んでいるお店であった。無論、私も掴まれまくりで!
あんな風に、コンセプトのある飲食店って素敵だな。足を踏み入れるだけで、ワクワクしてしまうから。

そして、今回も見逃せない。1月25日に新宿歌舞伎町にてオープンしたのは、『モンスターハンター』や『バイオハザード』、『戦国 BASARA』等の人気ゲームの世界観が楽しめるバー。その名も、「CAPCOM BAR(カプコンバー)」である。
店名からおわかりのように、ここはゲームメーカーの「カプコン」がパセラとコラボしてオープンした店舗。では、どんな形で世界観が表現されているのか? それはもう、細部に行き渡っていた。

まずわかりやすいのは、メニューだろう。それら全てが、ゲームに何かしらちなんだものとなっているのだ。
まず、インパクト大なのは「生物の究極形!! タイラントのスペアリブ~暴君ソース~」(税込み1,980円)だろうか。これは『バイオハザード』の世界観を表現したメニューで、目の前でバーナーを使いブワッとあぶってから出してくれる。「T-ウイルスを用いた生物の究極系」量産型の1体を捕獲し、そのスペアリブを焼き上げたというイメージだそうだ。
他にも、まだまだ。「一狩り行こうぜ!! こんがり肉(ミニ)」(税込み580円)は、『モンスターハンター』にちなんだメニュー。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年3月4日 10時00分

注目の商品