巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

中田英寿氏の活動が一般公開! 日本の伝統文化の魅力が再発見できるプロジェクト

ライター情報:古屋江美子

会期初日には中田さんも来場。居合わせたお客さんにとっては思わぬサプライズに!

[拡大写真]

日本各地にはさまざまな伝統工芸や芸術文化があるが、伝統文化と聞くだけで、なんだか難しそう、よくわからない、としり込みしてしまう人も少なくないだろう。でもそれって、やっぱりもったいない。

驚くほど精緻な技術や職人の精神、熱などが詰まっている日本の伝統工芸。その魅力をより多くの人に知ってもらいたいという想いから始まったのが、「REVALUE NIPPON PROJECT(リバリュー ニッポン プロジェクト)」。手がけているのは、一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION(テイク アクション ファウンデーション)」。元プロサッカー選手の中田英寿さんが代表理事をつとめる団体だ。

2009年からスタートした同プログラムでは、毎年ことなるテーマを設定して作品を制作。中田さんふくめ、さまざまな分野の専門家をアドバイザリーボードにむかえ、伝統工芸家や匠、デザイナーやアーティストとのコラボによる作品を生み出している。

2回目となる今回のテーマは「和紙」。伝統工芸に新たなアイディアが加味したオリジナリティあふれる作品たちが、3月28日(水)から銀座三越(東京・銀座)で初めて一般公開されている(※一部作品をのぞく)。

中田さんいわく、伝統工芸は素材を重視したものづくり。和紙には素材としての高い可能性を感じていたという。
「現代の生活にも使えるし、さらにモダンでもあり、日本らしさも出せる素材だな、と」

会場には中田さんの監修作品『陰影のある和紙に刻まれた「日本の風景」』も展示されているが、こちらは和紙を写真の印画紙として使っためずらしいスタイル。
「印刷会社も写真家も、和紙に写真を載せるというのはほぼやったことがなくて。でも、和紙には凹凸があるので陰影がでて、きれいだろうなと思っていました」
日本を代表する5名の写真家の作品を、和紙アーティストである堀木エリ子さんによって手漉きされた大きな和紙にプリント。

関連写真

NIGO(R)×橋本彰一×片山正通「Life size polar bear i...

中田英寿×堀木エリ子×蜷川実花「PLANT A TREE」

関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2012年3月30日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品