巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

情報ストレスをユルかしこく受け流そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ユルかしこい身体になる 整体でわかる情報ストレスに負けないカラダとココロのメカニズム』片山洋次郎(集英社)

( 1 / 4 )

「リア充を演じる、Facebookユーザーの7割がストレス」という記事を見つけてドキッ……。
仕事柄、FacebookやTwitterをよく利用しているが、流れてくる情報にやや疲れる。

流れる情報を全身で受け止めているような疲労感を感じ、『ユルかしこい身体になる』という本を手に取った。

本書は情報環境で変化する身体を整体の視点から説明されている。デジタル・ネイティブと言われる20代の身体の特徴や、“ウツ”を生む骨盤の仕組みを著者であり、整体師の片山先生の取材内容も添えて、書かれてあった。

「情報環境の変化に呼応するように、実は身体も変化している。このことは、整体の視点から見れば、明らかなことだったのですが、一般の人にとって“身体レベル”の現象は、なんとなくは感じていても、目に見えにくいことのようです」
と、片山先生は言う。

この“目に見えにくいこと”が私が感じている疲労感のようだ。
あらゆる情報を鵜呑みしてしまっては、身体の拒否反応に気づかないまま、骨盤はどんどん固まっていく。

片山先生は取材の中で出会った、グローバル・ボランティア志向の若者の様子を教えてくれた。

「グローバル志向、ボランティア志向の若者は、大げさに正義感を振りかざすということはなく、やりたいからやっている。本でも書きましたが、彼らは身体の感受性に沿って生きており、前の世代よりもより自然な印象がありました。若者達は幼いころから高度な情報環境にいますから、とても繊細な情報センサー(胸)を持ち、礼儀正しく、人にもちゃんと気を遣う人が多いです」

なるほど。
関連キーワード

ライター情報: 茶谷/eBookJapan

口癖は「もう3時(午後)!」好物=山形名物「だし」、谷中銀座、さまぁ~ず、朝比奈みくる

URL:http://boox.jp/

2012年5月15日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品