巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「オレってクサい!?」自分の「加齢臭」に向き合う

ライター情報:dskiwt

『加齢臭読本 いくつになっても、におわない人の習慣』(奈良巧・著/草思社)

[拡大写真]

私はいま37歳。いままで避けてきたけれど、もうあれと向き合わなければならない。「加齢臭」と。

それは書籍『加齢臭読本 いくつになっても、におわない人の習慣』を読んで思ったことだ。「加齢臭」とは本書いわく、「人間が出す『皮脂(ひし)』が酸化することで発生する『脂っぽいニオイ』のこと」。

「きちんと風呂に入り、ゴシゴシ体を洗っていても、ポイントを外していては加齢臭を振り払うことはできません。『何を使って、どう洗うか』、まずは正しい知識をもつのが大事です」と著者の奈良巧さん。

本書は、「加齢臭」の正体から、加齢臭を抑えるセッケンの選び方、体の洗い方、食事や生活習慣、洗剤選び、洗濯のやり方まで、自分のにおいに悩み続けた奈良さんの実体験をまじえて、具体的に解説。

本書で恐ろしかったのは、「加齢臭の元となる皮脂の分泌量は、30代がピーク」という話。ただ、40代以上だと30代のものとは異なる酸化物質が新たに発生するのだそう。また、男性よりも一般的に皮脂の量は少ないながらも女性も加齢臭は発生すると書かれている。

普段、雑誌記者としても活躍している奈良さんが、ライオン、サントリー、ペリカン石鹸、資生堂といった大手商品メーカーの各担当者を取材。加齢臭の話や、それぞれの対策商品の特性が担当者を通して紹介されていて、説得力があるし、納得できる。

「『固形セッケン』と『ボディソープ』、消臭効果はどっちが上?」「『高価なセッケン』と『安いセッケン』、『ふつうのセッケン』と『殺菌セッケン』、何がちがう?」といった話や、さらには、「職場ににおう人がいたら、どうすべきか?」といった悩ましい内容まで、とっても興味深い。
関連キーワード

ライター情報: dskiwt

関心あるモノコト:コーヒー、ビール、おにぎり、パン、本、本屋、映画、カメラ、時事英語、MacBook Air、iPad、iPhone、イタリアもの。

URL:Twitter:@dskiwt

2012年5月25日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品