巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

話題の“文房具を満喫するカフェ”に行ってきた

これが「一筆書きテーブル」。まさに一筆書きだ。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

今まで、コネタで数々のカフェを取材してきた。“ギャルと出会えるカフェ”“手話と書記でやりとりするカフェ”“占いをしてもらえるカフェ”などなど……。
今や、くつろぐだけじゃない。その空間だからこそ体験できる特徴が、カフェには備わっているのだ。

そして、このカフェが今話題。6月15日、渋谷にオープンしたのは“文房具を満喫するカフェ”、その名も「文房具カフェ」である。
文房具屋さんって、妙に長居したくなりません? 買う買わないは別問題。ズラリと並んだ多くの文房具を見てるだけで、ワクワクする。手に取って、紙に書いて、私はもう絶頂寸前。あの至福の空間が、カフェとなった。これは、行くしかないでしょう!

……というわけで、「文房具カフェ」に遊びに来ました! 店内には憩いの場として小休止に来る人もいれば、いわゆるノマドの人たちも多く見受けられる。
ところで、このようなカフェをオープンしたきっかけは?
「カフェに行き、手帳やスケッチブックなどを広げて作業をする……というのは、日常でよくある風景だと思うんです。そこで、親和性の高い『カフェ』と『文房具』を組み合わせた店舗を展開しようと思い付きました」(担当者)

では、どのように組み合わさっているのか。店内には様々な仕掛けが施されているので、それを一つ一つ見ていこう。
まず、今私が着いているテーブル。なんか、妙に独特な形をしているのだが……。
「これは店長がスケッチブックに一筆書きで色々な線を描いて、その中で面白そうなものをデザイナーに渡しできたテーブルなんです」(担当者)
要するに、一筆書きの線をそのままテーブルにしてしまった(通称「一筆書きテーブル」)。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年8月9日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品