巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

大反響「男の妊活・シリアス白書」に迫る

ライター情報:鶴賀太郎

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月30日発売週刊SPA!の「男の妊活」特集。オモシロが身上のSPA!には珍しく、シリアスな7Pの特集だ。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

昨日(10/30)発売の週刊SPA!の特集『「男の妊活」シリアス白書』が話題になっている。

「SPA!」といえば、モテや金儲けなどライトな話題を面白おかしく報じ、20~40代のサラリーマン男性に長年絶大なる人気を誇ってきた雑誌だが、いつになくおふざけのない今回の特集が反響を呼んでいるのだ。

なぜSPA!がこのようなシリアスな特集に取り組むことになったのだろうか。

「35歳を越えてから、仲間内5、6人集まって飲んでいると『なかなか子供ができない』というような話をする奴が必ず出てくるようになってきたんです。SPA!の読者の中心は35ー40歳の男性なので、彼らの等身大の悩みに正面からきちんと向き合わなければという思いから始まりました」

そう話してくれたのは今回の特集を担当された週刊SPA!編集部・田辺健二さんだ。とはいえシリアス一辺倒の大型企画はほとんどない同誌で、7ページにも及ぶ今回のような特集は異例だ。しかし田辺さんが編集長、副編集長に持ちかけたところ、彼らも同じような実感を共有していたことがわかりこの冒険的な企画が実現したと。

「企画内容によってはインタビューを断られることもあるんですけど、今回は話を聞きにいく先々で取材段階から『素晴らしい企画』と褒められましたね」

特集では妊活の経験者として、自ら無精子症の診断を受けたことを著書『タネナシ』で告白しているミュージシャンのダイアモンド☆ユカイさんや、10年間に渡る不妊治療の苦悩をコミックエッセー『不妊治療、やめました。
関連キーワード

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/マーケティング・イベントプランナー。
国内外の著者インタビュー、映画監督インタビューを得意とする。グアム国際映画祭、茅ヶ崎映画祭にも関与。

URL:http://mywifescamera.blogspot.com

2012年10月31日 07時00分

注目の商品