巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

限定200冊。あえて時代の逆をいく! 3万円の絵本って?

ライター情報:山下敦子

泉鏡花×中川学:繪草子「龍潭譚」(3万円 税込)。金属である錫を表紙カバーに。淵の部分は柔らかいので自然に曲がったり破れたり、変化を楽しめる仕組み。また題字には銀箔を使用。時間が経つにつれ、酸化していくのも面白い。

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

1冊3万円! そんな豪華な絵本がある。「不況で低価格低コストでモノを作るといわれる時代に、あえて真っ向から勝負する本だな」と気になって、同本のアートディレクションを担当した「iD.」の泉屋宏樹さんに話を聞いた。

■ 作り手の熱い想いが集結した絵本

明治~昭和時代にかけて活躍した泉鏡花(いずみきょうか)の短編小説「龍潭譚(りゅうたんだん)」を絵本化したという同本は、本を構成するパーツ一つ一つが多くの職人による手作業のため、この世に200冊の限定本だ。「高い本は売れるのか?」という疑問をはねのけ、1年をかけ、口コミなどですでに70冊が販売済み。購入者は、泉鏡花を愛する人はもちろん、絵やデザインに惚れて購入する人、子どものために買う人、さまざまだという。

本が売れないという時代に3万円という高価な絵本の発売。不安はなかったのだろうか?
「まずは、泉鏡花の絵本を『自費出版でも作りたい』と熱望したイラストレーターで、僧侶の中川学(なかがわがく)さんの強い思いと、関西の職人さんら、多くの人の手を介してできた傑作本なので、不安はありませんでした」と泉屋さんは胸を張った。

■ 五感で楽しむ本

本を触って驚いた。表紙は、錫箔(すずはく)という金属でありながら淵は柔らかい素材で、変幻自在だ。1冊ずつ、職人さんの手で張られた「錫箔」の表紙。多くの製本所で「できない」と断られたという。なぜ、錫箔にこだわったのか?

「錫が、大阪の産業のひとつであったことと、錫は鏡のような輝きを出してくれるので、『泉鏡花』の名前にも合う。
関連キーワード

ライター情報: 山下敦子

映画字幕編集職を経て現在はフリーランスライター。カナダ滞在歴約5年。現在は大阪を拠点に活動し時々海外逃亡。

URL:http://www.geishaonthego.com/

2012年11月26日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品