巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

キリンラーメンに新たな仲間、「ペンギンラーメン」登場!

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ペンギンラーメン シーフード味」250円

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

昭和40年生まれ、元祖ご当地即席ラーメンともいうべき愛知県西三河地方の「キリンラーメン」に新たな仲間が加わり、人気を集めている。

東京・池袋のサンシャイン水族館と、キリンラーメンの生みの親である小笠原製粉のコラボ商品、その名も「ペンギンラーメン」だ。

レトロ感あふれるパッケージはキリンラーメン同様、一度見ると忘れられないインパクト。
「キリンのようにかわいさを過剰に出さず、白黒でも映えるシルエットにしています。『最高にかわいい!』ではないけれど、『なんか好き』とニヤッとできるものを目指しました」
というのは小笠原製粉の担当者。

きっかけは今年9月に東京のサンシャインシティでおこなわれた「日本全国カレー&ラーメン博覧会」。企画の過程でサンシャインシティがキリンラーメンに惚れ込み、
「サンシャインシティの水族館のペンギンをキリンの仲間に加えることができないか?」
と提案したのが始まりだそう。

ペンギンのような親しみやすさや水族館との関連を考え、味はシーフードに決定。
「食べるときに海をイメージできるようにホタテの香りを強くし、えび・するめ・魚介系をベースにしています。お子さまから年配の方まで楽しめるように、ギトギトしたパンチのある味を避け、素朴な味に仕上げました」
麺の原料は国産小麦・大豆・米という、いわば「大地の恵み」。それに、シーフードスープの「海の恵み」が見事にマッチした商品だ。

とくにこだわったというスープは、コクがありつつもサラリとさわやかな舌触り。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2012年11月26日 07時00分

注目の商品