巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

消しやすくなった、小学生向けのキャンパスノート

10月から、密かに消しゴムで消しやすい中紙に入れ替わっていた。

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

学生時代、こんな失敗をしたことがある。テストの答案用紙に、回答を書きカキ……。しかし、ちょっと待てよ。間違ってる気がする。そこで消しゴムを取り出し、先程の回答を消去。新たに、確信が持てる回答を書き込んでみせた。
そして数分後。問題への回答を全て終え、後は見直し作業です。……ん、待てよ? さっきの設問、これでいいんだろうか? 再び書いては消し、書いては消し、の動作を繰り返してると、終いにはそこだけが真っ黒になってしまい、傍から見たら何のこっちゃわからなくなっている。
結果、その問題に関してはペケをいただく羽目に。どうやら、最初に書き込んだ回答で合ってたみたいなんですが。

ってか、私個人の能力として消しゴム使いが下手みたい。自分のノートでも、消しゴムを使ったらページが真っ黒になったり、ビリっと破れたり、有り得ない失敗が多いもんで。筆圧が強すぎるのも問題なんだろうけど。
そこで、このニュース。コクヨから発売されている、小学生用の『キャンパスノート(用途別)』が密かにリニューアルされているみたいなんです。

どうリニューアルされているのか? そこで、現在発売中のキャンパスノート(用途別)を手にとってみた。そして凝視。……発見しました。表紙に記された「消しゴムできれいに消しやすい!」という記述を。
要するに、そういうことです。同社のキャンパスノート(用途別)の中紙は、今年の10月から「消しゴムできれいに消しやすい」に順次切り替わっているらしいのです。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年11月28日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品