巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

伊豆シャボテン公園のご長寿ハシビロコウ、ビルさんのお宅拝見

このエントリーをはてなブックマークに追加

「一緒に巣をつくりませんか?」というアピール

( 1 / 7 )

[その他の写真を見る]

動物好きなら、夜中にふと、こんなことを思ったことはないだろうか?「今の時間、動物はどんなところで、どうやって寝てるのだろうか?」そこで、そんな疑問を解消すべく、動物のお部屋を訪問することに。今回は、ハシビロコウファンの間ではおなじみの、伊豆シャボテン公園のご長寿ハシビロコウ、ビルさん(オス)の部屋にオジャマさせていただいた。

○本題に入る前に、そもそも、ハシビロコウとは?
まずは、ハシビロコウの生態を簡単にお勉強。

●生息地は中央アフリカ
●あまり動かない鳥として有名に。
●野生では1000~2000羽しかいない貴重な鳥
●知っている人におじぎをすることがある。
●飼育担当者にクラッタリング(くちばしを合わせて音を出すあいさつ)をする。
●国内では伊豆シャボテン公園の他に、上野動物園、千葉市動物公園、高知県立のいち動物公園で飼育されている。

野生のハシビロコウの生態そのものが、あまり判明していないこともあり、平均寿命もハッキリとは分かっていないとのこと。(36歳前後という説もある)ビルの年齢は推定で40歳以上と思われていて、(来日した時の年齢が1~2歳だといわれていることから推測)いずれにしてもご長寿だ。ちなみに、伊豆シャボテン公園で飼育されている全ての動物の中でも、一番のご長寿だといわれている。※2位はチンパンジーの「パピー」で32歳。

ちなみに、「ビル」という名前は、英名の「Shoebill」(靴のような嘴)から付けられたもので、ビルは32年前に「シュー」というメスと共に伊豆シャボテン公園に来園。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2012年12月19日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品