巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

12月21日はフランス以外の全世界が滅亡へ! 現地の様子は

ライター情報:加藤亨延

今年に入りパリでも終末論に店名をかけたバーがオープンしたり、世界最後の日には様々なイベントが各所で予定されている。

[拡大写真]

明日21日は全世界がフランスに注目する。注目するというより、フランスの一地区のみ希望を残し世界が終わりを迎える。

マヤ暦によれば、2012年12月21日に世界の終わりがやって来るという。ただし、唯一の救済手段はフランスにある。世界の終わりに南仏ビュガラッシュ山には宇宙船が現れ、そこにいる人々は異星人が救ってくれるという。この噂は数年前からインターネットやメディアなどを通して広まった。元々ビュガラッシュ山はUFOの目撃証言などで以前から有名だったが、現在は一部ニューエイジ系カルト信者などが大挙して同所を訪れ、人口200人の麓の村は大変な迷惑を被っているそうだ。どのような状況なのか。

「毎年アクシデントが増えている。昨年の夏にはアメリカ人が亡くなった。もし厄介ごとがあっても責任は負いたくない」と嘆くのはビュガラッシュ村の村長ジャン・ピエール・ドロール氏。仏地方紙ミディ・リーブルのインタビューで、静かな村の生活が終末論によって脅かされている現状を嘆いた。同氏によれば、村の入口にある「ビュガラッシュ」と書かれた標識も3度盗まれたという。小さなビュガラッシュ村にとっては費用もばかにならず、「何か法的な措置を考えている」そうだ。

起こるのは予定外の出費だけではない。英ガーディアン紙は「訪れる人々は、私たち村人を他の世界と交信している変人として見る。動物園の猿のような気持ちだ」「道路の混乱状況がどうなるか分からないので、聖歌隊がクリスマス前のコンサートを計画できない」という村人のコメントを掲載し、静かな村を襲った被害を伝えている。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2012年12月20日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品