巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

池袋にガールズ&パンツァーの痛車現る!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

“ガールズ&パンツァー”の痛車(東京池袋アムラックス)。

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

東京池袋アムラックスで「アムラックスフェスタ2013」に、人気アニメ“ガールズ&パンツァー”のキャラでペインティングされている車が2月11日まで展示されているとの情報をキャッチ。同アニメといえば、可愛い女子生徒たちが戦車に乗って登場するちょっと変わった作品。それが現実の自動車となって現れた。さて、その出来栄えは?

同フェスタでは、痛車の展示だけではなく、「スタンプラリー」や「ビンゴ大会」「痛ミニ四駆グランプリ」「痛車開発会議」「2000GTプラモ工作」など催し物も行われた。会場に行ってみるとミニ四駆のレース場が設置されており、そのすぐ横に痛車がどーんと置いてあった。

ガールズ&パンツァーを知らない人のために、概略だけ説明しよう。戦車を使った「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子の嗜みとされた世界での物語。県立大洗女子学園に転校してきた主人公の西住みほを中心に華道家元の五十嵐華、恋愛に生きる武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い天才の冷泉麻子といったメンバーとともに戦車道を極めていく「ハートフル・タンク・ストーリー」。

バリバリの萌えキャラたちと実際に第二次世界大戦で活躍したドイツやチェコ、ポーランド、アメリカ製などのごついリアルな戦車との組み合わせが新鮮だ。それが今回は自動車と組み合わさったわけ。メインキャラの5人のほかにもキャラがたくさんいるのだが、それらをズラリと会場に並べ、自動車を前後左右、屋根まで萌えキャラで埋め尽くしている。
関連キーワード

2013年2月12日 07時00分

注目の商品