巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

懐かしの「プチプチ」ができるiPhoneケース

ライター情報:羽石竜示

『プチプチiPhone 5ケース』(StrapyaNext)。

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

子供のころ、お菓子やおもちゃの箱の中によく入っていた空気の入ったイボがたくさん並んでいるビニールシート通称「プチプチ」。なぜかこのイボを手で潰すとたまらなく快感だったりして止まらなくなったものだ。それをこのほど見事にiPhoneケースとして再現してしまったアイテムがある。さて、その出来栄えは。

それは、『プチプチiPhone 5ケース』(StrapyaNext)。見ての通り、ケース全面にイボイボが付いており、これを手で潰して、プチプチという感触を味わうというもの。シンプルだが、構想から2年かけてようやく商品化したという。また、「プチプチ」の生みの親である川上産業の公認を受けた渾身のオリジナル製品とのこと。

ところで、「プチプチ」をiPhoneケースで再現しようと思ったきっかけは何だったのか。
「日ごろから出荷作業があるため、毎日プチプチに触れてます。毎日触れてきたからこそ、プチプチの魅力に気づき、当社(StrapyaNext)の中心販売商品であるiPhoneグッズとコラボできないかと考えたのが始まりでした」
なるほど、仕事柄「プチプチ」に触れる機会が多かったのか、羨ましい。

構想から2年かけてようやく商品化」とあるが具体的に何に苦労したのか。
「素材や弾力の表現、そのための構造等すべてが課題であり、大きな壁となりました。しかし、最も重要なポイントとしては、“気持ち良い”かどうかでした。感じ方は人それぞれなので、開発担当者全員が気持ち良いと感じるプチプチを制作することに大変苦労しました」
う~ん、確かに気持ち良さって主観的な要素が強いからなぁ。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2013年3月13日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品