巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

今年はいっぷう変わった「水上お花見」はいかが?

まるで水上に浮かぶ、もうひとつのリビングのよう!? こたつまで搭載された、「御舟かもめ」。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

今年もいよいよ、お花見までカウントダウン。全国的に早めの開花になりそうで、現在プランを練っている人も多いのでは?ただ、毎年のことだけに最寄りの公園や河川敷など桜スポットでバーベキュー……と、どうしてもワンパターンになりがちですよね。

そんな中、注目したいのが「川の上の小さなおうち」をコンセプトにした、大阪の「御舟かもめ」。屋形船などでお花見……というのは昔からあるけれど、こちらは10人も乗れば満員の小さな船。が、最少2人から出航してくれるということで、まるで自宅のリビングにいるかのようなプライベート感が味わえる。なんと甲板には「こたつ」(!)まで設置されており、これはまったりできそう……。

たまに船に乗るといつも思うことだけれど、他の船とすれ違う際は見知らぬ同士でも手を振り合うなど、水上に漂うフリーダム&フレンドリーな空気感って、いいですよね。
船長の中野弘巳さんにお話を伺ってみたところ、数十人単位の乗客をのせて定番コースを巡る大型クルーズ船と違い、親しい人たちと気軽にゆっくりと水上を楽しめる小型クルーズ船というのは、全国でも珍しい試みなのだとか。

やはり桜の季節がいちばんお客様が多く、一日に100人近いお客様を乗せることもあるそう。フードやドリンクは自由に持ち込めるので、自家製の果実酒や、手作りのお総菜など持ち寄って楽しむグループも。
朝9時からの「桜朝ごはんクルーズ」というのもやっており、ホテルで朝ごはんをとる代わりに利用する観光客もいるとのこと。
関連キーワード

2013年3月25日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品